ローマンシェードのメンテナンス

ローマンシェードのメンテナンス方法

日頃のお手入れ

日頃のお手入れは、布地の汚れを布やハタキでおそうじしてください。こまめな換気による乾燥で、室内の除湿を行ってください。布地以外の汚れおとしは、中性洗剤(食器食品用)を洗剤の表示に従って必ず水でうすめてご使用ください。また、シンナー、ベンジン等は、ご使用にならないでください。

洗濯の方法

必ず洗濯ラベルをチェックし、適切なお洗濯方法をご確認ください。

■生地の取外し方

1

(準備段階)シェードは降ろした状態にしてください。

2

ウェイトバーを外してください。(操作コードのある側に開口部がありますので、そこから引き出してください)

3

コードアジャスターをリングテープから外してください。

4

昇降コードを生地裏面のリングテープから抜いてください。

5

ヘッドレールから生地を取外してください。(上部マジックテープをはがしてください)

6

昇降コードは抜き終わったら、絡まないように軽く結んでおいてください。

7

取外し完了です。
※生地のメンテナンスの注意事項
生地の裏面に表示してある洗濯絵表示1ラベルにしたがって、クリー二ング等を行ってください。

日頃のお手入れ

  • ①屋外で、陰干しにしてください。また、乾燥機は使用しないでください。生地が変質したり、絡んだりする恐れがあります。
  • ①吊ったら、軽くたたくか引っ張るかして形を整え、自然乾燥させてください。
  • ※注意! 洗ったカーテンは、水分を多く含んでいますので、生地が大変重くなります。この状態でヘッドレールに取り付けますと、生地が裾の重みでタテ方向に伸びる恐れがあります。

■生地の取付け方法

1

昇降コードをほどいてください

2

生地をヘッドレールに取付けてください

このとき、生地裏面のリングテープの位置と昇降コードの位置を合わせられるように取付けてください。

3

コードアジャスターをリングテープにセットしてください

4

昇降コードをリングテープに順番に通してください。(上部の最初のリングがヘッドレールから約10㎝以内にあるようでしたら、2番目のリングから通してください)
リング形状が、昇降コードを横から差し込めるような形になっています。

5

ウェイトバーを裾の開口部へ差し込んでください。

注意事項

  • ※機構部への注油は絶対に行わないでください。動作不良の原因になります。
  • ※製品の改造は絶対にしないでください。使用不能になる場合があります。
  • ※写真の部材と形状が異なる場合があります。

関連記事

  1. アイキャッチ画像_インテリア付加価値

    インテリア付加価値加工

  2. アイキャッチ画像_クリーニング

    クリーニング

PAGE TOP